インターネットの普及にともない、インターネットに対応した法律も制定されてきています。

出会い系サイト規制法
出会い系サイトを利用して、18 歳未満の児童を性交等の相手方となるように誘引することを禁じる法律です。誘った児童も罰則の対象となります。

特定電子メール法
請求されていない商業広告メールを送る場合には、び特定電子メール法により義務づけられている事項を表示する必要があるあります。表示義務に違反すると、行政処分の対象となります。

個人情報の保護に関する法律
ネットを通じた個人情報の流出や、個人情報の無断収集やそれらの公開による人権侵害などが多発しておることを受け、個人情報を取り扱う事業者に遵守すべき義務が課せられています。

電子消費者契約法
操作ミスによって、買う意思がない物に誤って購入の申し込みをしてしまったような場合、操作ミスによる契約の無効を主張することができます。

自治体の青少年健全育成条例
インターネット事業者と保護者等の責務を規定し、未成年者をインターネット犯罪から守ろうとするものです。