ネットバンキングの被害発生件数

金融庁の22日の発表によりますと、インターネットバンキングの被害発生件数は2010年度の76件と比べて、2011年度4~12月分だけで160件と倍増しているということです。

インターネットバンキングの被害発生件数は、2010年度が76件、2011年度(4~12月)が160件となっています。また、平均被害額も、2010年度全体が115万円、2011年度が220万円と倍増しています。

<関連記事>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする