関連する法律

告訴状の作成

犯罪被害にあった場合は加害者を告訴することができます。ただし、告訴は何でもかんでもできるわけではありません。対象となる行為が犯罪を構成しているかきちんと判断しなければなりません。

督促手続

督促手続とは、裁判所書記官が申立人の主張に基づき支払督促を発する手続のことです。

小額訴訟手続

少額訴訟手続とは、60万円以下の金銭の支払を求める訴えについて、原則として1回の審理で紛争を解決する簡易裁判所の特別の手続のことです。当事者の負担が少なく利用しやすい制度といえます。

電子消費者契約法

パソコンやインターネットの普及に伴い、パソコンの操作ミスなどによる消費者トラブルが増加しています。このため、民法の特例措置として「電子消費者契約法」が成立しました。 消費者がインターネット上で行う契約で、事業者が消費者に […]

消費者契約法・無効となる条項

事業者の債務不履行により消費者に生じた損害を賠償する責任の全部を免除する条項は無効です。

消費者契約法・取消権の時効

1.誤認の場合は、消費者が誤認だと気づいた時、困惑の場合は、消費者が困惑から脱した時から6ヶ月で取消しができなくなります。 2.消費者契約の締結の時から5年を経過した時


1 / 212